保育園で働きたい!社会人から保育士になる方法

諦めきれない夢を実現しよう!

保育士になりたいという夢を持ったことがある人は女性なら多いのではないでしょうか。でも、結局夢で終わってしまい普通の会社で働いている・・・。その仕事で満たされず、保育士になる夢を諦めきれない人もいるのではないでしょうか。いまは生涯学習の時代です。以前は転職することを良しとしない空気もありましたが、時代は変わりました。なりたい職業で働きましょう。夢を実現する方法はあります。今回は社会人から保育士を目指す方法をご紹介します。

保育士養成施設に通うのが1番の近道

保育士になる1番の近道は「保育士養成施設(大学・短大・専門学校)」に通い、所定の単位を取得して卒業すれば、保育士試験なしで保育士免許を取得することができます。しかし、学校に通うにはある程度のまとまった額が必要になります。貯金が無い人も多いはず。そんなときは職業安定所で雇用保険を受給しながら学校に通う方法があります。そのためには試験や面接を通る必要があり、人数制限もあります。詳しくは職業訓練の部署で質問してみましょう。また、入学後に奨学金を受けることも可能です。入学希望の学校にといわせると良いでしょう。最近は社会人からの入学が増えています。安心して踏み込んでみましょう!

保健師試験合格を目指す!

さまざまな理由により学校に通うことができない人は、保育士試験を受けて国家資格を取得する方法があります。しかし、この試験を受けるためには条件があります。学部・学科に関係なく大学に2年以上在学かつ62単位以上履修取得済みか1年以上2年未満在学かつ62単位以上取得済みであること、高校卒業後、児童福祉施設で実務経験が2年以上あること、都道府県知事から受験資格を認定された人などさまざまです。自分が当てはまるかどうかを調べてから保育士試験に向けた勉強をスタートしましょう!

資格取得者の求人が主ですが、保育園での求人には、人手不足により、無資格者でも子育て経験者や、子供好きな人をアルバイトとして雇うこともあります。