楽で簡単!?工場でのアルバイトってどんなもの?

単純作業は簡単なのか

工場でアルバイトをするというのは、決して難しい作業を要求するものではありません。もちろん、工場によってするべきことは大きく違ってくるものですが、基本的には単純作業をすることになるでしょう。単純作業と言うと、楽で簡単という印象があったりするものですが、人によっては単純作業が苦痛という人もいたりしますよね。何もしゃべらずに黙々と作業をするということは、単調で飽きがきてしまうこともあります。工場ではそういう作業が多いので、飽きっぽい人などはもしかしたら退屈さを感じてしまうことがあるかもしれません。

どんな仕事をするものなのか

工場バイトと言っても、さまざまな職種のものがありますよね。その中でも楽な作業をしかしない工場バイトといえば、たとえばチェック作業などが代表です。商品や食品の容器に異常がないか、ひたすらチェックするだけというものです。ベルトコンベアから流れてくる商品を、ただ見ているだけでよいので、難しい作業を要求することもありません。覚えることもほとんどないので、初心者や未経験者であっても無理なくはじめられるという点も良いところでしょう。

どのくらい稼げるのか

工場バイトではどの程度稼ぐことができるのでしょうか。もちろん、それは工場や作業内容、実務経験などによっても大きく変わってきますが、だいたい時給800円程度から高ければ1200円ほどというのが相場のようですよ。夜勤の工場バイトであれば、さらに高収入を目指すことができ、バイトに楽さを要求すると同時に高収入をも得たいという人にはとてもおすすめのバイトなのです。高校生からできるところもあったり、またリタイア後の高齢世代を募集している工場もあったりするので、裾野が広いというところも良い点です。

夏場になると工場の求人が増えます。部署にもよりますが場内は気温が高いところが多く、労働としては夏のほうがきつく感じることもあるようです。人の入れ替わりが激しいので夏場に入社してくれると重宝がられます。